学生・スタッフの声

一ノ瀬 洋平 | 学院長・カイロプラクティックテクニック担当講師

staff_ichinose私がこの仕事を目指したきっかけは、なかなか一つには絞れないのですが、もともと医療関係の仕事をしたかったこと、長い間やっていたサッカーを通しての経験、あとは何の仕事をするにせよ、自分のお店を持ちたいという強い意識があった、という事が挙げられます。
学校選びは学校の規模と歴史、カリキュラムを重視しました。というのもありますが、紙媒体がスタンダードな当時、九州は長崎の田舎まで声が聞こえ全国規模で展開している学校は村上整体ただ一つでした。
そして上京を決めました。
入学した当時、私は19才でしたが、ビックリしたのはおじいちゃんと言ってもいい60代の方が同期にいたこと。あとは1/3が女性だったことです。
カリキュラムも3年制国家資格校と同等レベルの基礎医学を学びます。
学生生活は楽しかったですが正直侮っていました。でも頑張って良かったと今は思います。
就職は、同期の友人や恩師の勧めもあり、付属の腰痛センターグループに入りました。
松戸、池袋、東京本校を経て平成14年、大宮に学院長として配属、村上整体専門医学院さいたま校を開校しました。
平成18年に村上学園とフランチャイズ契約を結び晴れてオーナーとなりました。
やって来て分かった事は「継続は力なり」の本当の意味です。腐らず、投げ出さす、繰り返し毎日続けて行けることのありがたさです。
結局心が豊かでなければ何事も長くは続きません。当校では営利を学ぶ前に人間性を豊かにする教育を目指しています。体を学ぶならまず心から・・・
皆さんと一緒に学べる事を楽しみにしています。

立田 慎一郎 | 教務主任、村上式ほぐし・整形学神経学検査法担当講師

staff_tatsuta●スポーツ歴
バスケットボール(小学3年〜高校3年)

●現在興味があるもの
登山・ウェイクボードなど

●整体師になるきっかけ
私は、以前整体院に通う患者でした。前職の地質調査会社で室内試験業務を担当していました。
その頃の仕事は、長時間パソコンに向かいながらのデータ整理業務をすることや試験を実施するうえで、重い岩石試料や高圧に耐えられる鋼の試験部品を扱うハードな肉体労働をすることもありました。
連日深夜まで及ぶそんな生活でひどい腰痛や肩こりに悩まされるようになりました。
そんな時に知人の紹介で通いだした整体院で、自分の 体の状態のひどいことを知り、健康であることの大切さに気付かされ、多くの人がそんな悩みを抱えて生きている状況を変えていけたらと感じたのです。

●整体師を日指している方へ
基礎から知識と技術をしっかり身に付けて下さい。
私自身この仕事を甘く考えていました。どんな仕事もそうですが、やればやるほど奥が深く、勉強に終わりはありません。
村上整体専門医学院では、基礎医学をしっかり学びます。人の体を扱う仕事ですから、人体の構造や働きについては知っていて当然です。
もちろん自分が患者さんであれば、知識のある先生のところに通いますよね。そして基本のほぐしも繰り返し体に浸みこむまで反復練習します。
技術こそ経験であり、経験の数だけ上達していきます。基礎がしっかりしていれば、応用カがついていきます。
応用力というとわかりにくいかもしれませんが、『考えるカ』と言つた方が良いかもしれません。
同じような症状の患者さんでも原因は様々であり、患者さんひとりひとりに合わせて施術者は、症状から原因を考え、施術を行っていかなければなりません。
どうして?なぜ?という疑間に常に答えを出していくことが整体師の仕事かもしれません。
独立開業すれば、施術者は恩者さんの悩みに対して、自分ひとりで考えて必要な施術を行わなくてはいけないため、誰も助けてくれません。
基礎の知識や技術を確実に身に付けていれば、必ずのちに成功を築けると思います。

村上整体専門医学院さいたま校では、熱い学生を望んでいます。
共に切礎琢磨し整体業界を盛り上げ、ひとりでも多くの悩みを解決し、整体院で施術を受けることが当たり前の時代を作っていきましょう。

松沼 晃平 | 四肢テクニック・運動学担当講師

staff_matsunuma運動学・四肢テクニック担当の松沼晃平です。
高校時代はラクビー部に所属しており、仲間達とたくさんの汗をかき、日々練習に取り組んできました。
相手にタックルを入れる様に常にチャレンジ精神を持ってやっております。
私がこの業界を目指したきっかけは人に感謝される仕事に就きたいと思ったからです。
この業界は「ありがとう」や「身体が軽くなった」などの感謝の気持ちを直接感じる事が出来ます。
皆様も感謝されるお仕事に就きませんか?
さいたま校で学んだことは一生涯の財産です。
みなさまも揺るぎない財産を手に入れましょう!!

山崎 睦美 | 整体・リラクゼーションコース 村上式ほぐし担当講師

staff_yamazaki私は運動が苦手ながらもジャズダンスを10年間習っていました。
その時に身近な人や家族の体の悩みをわかってあげたいと思ったのがきっかけで、この世界を目指しました。
初めはわからないことばかりですが、日々の授業を受け、練習をかさねていくうちに理解し、上達していくことにはとても喜びがありました。
それでも患者さんには様々な悩みの方がいます。
一人一人に合った対応をしていくため、もっと多くの経験を積んでいきたい。そのためには基礎をどれだけ学べたかが大切になってきます。
ぜひ体についての知識をしっかり身につけていきましょう。ご入学お待ちしております。