カリキュラム説明

主なカリキュラムの説明

村上式ほぐし

村上式ほぐし療法は、当学院理事長「村上一男」がアメリカで誕生したカイロプラクティックを、日本人の体格・生活環境を考え開発した、当学院でしか学べないオリジナルの技術です。村上式ほぐしは、筋肉が凝り、固くなって現れる体の不調の改善やほぐされる事により、気持ちの良い心地よさを感じる癒しの効果があります。体の不調を施術者自身の体重を利用して、手の平や肘を使って全身のバランスを整えるので、誰にでも(力の弱い女性でも)取得できます。背骨の歪みを強制する前に、まずは周囲をかためている筋肉のこりをほぐし、血行を促進するため、身体への負担も少なくなり、より高い効果が得られます。この「村上式ほぐし療法」は、カイロプラクティックの理論を進化させた治療法として、高く評価されています。卒業後にあなたの味方になってくれる心強い技術です。

カイロプラクティック【脊柱テクニック】

カイロプラクティックの基本である脊柱・骨盤の矯正を学びます。カイロプラクティックでは、体の不調の原因を『背骨の歪み』による影響と考えています。脊柱には、体の情報伝達系のメインストリートにあたる『脊髄』が通っています。『背骨の歪み』は正しい情報を脊髄から体の末端へ伝達できなくなります。
カイロプラクティックの基礎であるディバーシファイドテクニックを中心に学んでいただきます。

カイロプラクティック【四肢テクニック】

四肢関節は、力を運動に変える部位であるが、同時にそれは神経筋骨格系にとってマイナスになる力を増幅することもあります。抹消の関節の障害に対処するにあたっては、関節運動や筋肉・靭帯など軟部組織の生体力学を理解する必要があります。関節のメカニズムを学びつつ、関節面を正しく整合させる四肢テクニックを学んでいただきます。

整形外科学検査・神経学検査法

カイロプラクティックに限らず、整体・リラクゼーションなどの揉みほぐしでは、施術するにあたり注意しなければならない疾患・障害などがあります。施術者は、自分で施術可能かどうかを判断しなければなりません。そこで整形外科学検査を用い調べていくことで事故を防げるだけでなく、患者さんのつらさの原因を特定していくことも可能になります。さらに、神経学検査を用いることで、神経レベルに応じた症状を見つけ出すことが可能になり、どのレベルが羅患しているのかを正しく判断できます。整形外科医が学ぶ検査法を身につけることで、信頼を得られる施術者になれます。

解剖学・生理学

人の体を扱う仕事である限り、基礎医学の知識は必要です。人体の構造から機能まで理解し、初めて健康とは?病気とは?と考えられるようになります。人体を構成する細胞・組織・器官の部位や形態を解剖学で学び、ヒトの体が生きていくうえでどのような営みをしているかを考えながら、主に筋肉・神経の基本機能などを生理学で学びます。

ボディコンディショニング

ベストパフォーマンスを発揮するために、ベストコンディション作りは欠かせません。体のバランス調整や筋力トレーニングなどのフィジカルトレーニングを学び、関節可動域の改善やリハビリテーションのサポート、怪我や故障の予防のためにも柔軟性を向上させるスポーツストレッチを学びます。さらに栄養管理の知識を学び、食事面からのコンディション作りまでサポートできるようになります。